スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

災害復興支援ボランティア in 多賀城!

桐生災害支援ボランティアセンターさん主催の災害復興ボランティアに

参加しました。

前回、岩沼市での泥かきボランティアでは、勝ち点1を得たものの

不完全燃焼で終わってしまい、再戦を誓い、帰宅しました。

今回は、雪辱を果たすべく?参加しました。

今回の活動は、仙台の隣にある多賀城市。

支援内容は、側溝の泥かきでした。

朝4時に起床し、桐生駅南口へと向かいました。

大勢の方が、集まっていました。

参加者は、総勢47人(だと思う)!大型の観光バスが満席でした。

殆どが桐生市内在住の方で、西毛からの参加はわずかでした。

東北自動車道は、渋滞も無く、順調に多賀城市へ11時20分ごろ?だったかな

到着しました。

前半は、A班とB班の2班に分かれて、住宅地の側溝の泥かきを行いました。

私は、A班で、閑静な住宅地の側溝の泥かきでした。

こちらは、以前にもボランティアの方が入ったようで、一部に泥が残っていましたが

殆ど泥はありませんでした。

多賀城支援1

でも、近所に住んでいる方の話を聞くことができました。

家の中は、避難所から通って自分たちで片付けたこと

1階は住めないから2階に住んでいること

海からの津波と近くに流れている砂押川からの水が押し寄せてきたこと

津波が車を押し流してきたこと

などなど震災の時のことを聞くことができました。

多賀城支援2

B班は、砂押川に面したアパートの側溝の泥かきでした。

1時間半~2時間くらいで、こちらでの活動は終了。

ハーフタイムをはさみ、後半はちょっと離れた所にある八幡神社の近くの側溝の泥かき。

ここは、ちょっと手強かったです。

泥の中に、ガラスのビンや電気部品(コンデンサや半導体の類)が混ざっていました。

(今日地図で見たら、近くにソニー仙台がありました)

全員で100mくらいの側溝の泥かきをしました。

休憩時間に、周辺を見ました。

アパートの1階は壊滅状態。2階に津波の跡が見えました。

多賀城支援3

多賀城支援4

周辺には瓦礫が積み見上げられていました。

休憩を挟んで、1時間半くらいで活動は終了。

これで、雨が降っても水はけが、多少はよくなるでしょう。

今回は、家屋や企業などではなく、公共の側溝の泥かきでした。

こちらも、周辺の住民の方々にとっては重要な場所。

少しはお役に立てたと思います。

何とか勝ち点3を得られたと思いました。

1ヶ月ぶりに被災地に入りましたが、やはり復興にはまだまだ時間と人力が必要だと思いました。

また行きます。

皆さんも是非、復興支援ボランティアに参加してください。よろしくお願いします。

桐生災害支援ボランティアセンターでは

6月12日に、岩沼市での支援を予定しています。

お時間のある方は、参加をお願いします。

http://www.saigaivolunteer.info/touhoku/

じゅん1でした。
スポンサーサイト
2011-06-06(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

草津SP

Author:草津SP
初心者にも垣根を作らない事やファミリー層も積極的に参加、
ザスパ草津と言うクラブを応援することを通じてサッカーを
一緒に楽しみ、クラブゆかりの地域ボランティア、トップ、
U-23、U-18の応援などを主な目的として活動しています。

掲示板

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。