スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

東日本大震災 参加して来ました。宮城県岩沼市 泥かき支援隊

昨日の朝6時に約40名で桐生駅南口をバスで出発し
道路の亀裂や段差を応急処置をした東北道を宮城県岩沼市に向かいました。
下り線はタンクローリーや自衛隊車両や救援物資を運ぶトラックなど沢山走っていました。
一般車両でもダンボール箱を満載した車が目立ちました。

更に北に進み栃木県北部から北に進むにつれ屋根にブルーシートを乗せた家屋や
車販売店の大きなショーウインドーが割れてるのも多数有りました。

岩沼市災害ボランティアセンター横では仮設住宅の建設が急ピッチで進められていました。
反対側のアリーナや市民ホールなどに700人位の方が避難されているそうです。

この付近では多少屋根の被害が見受けられる程度でさほど群馬と変わり無いなと感じましたが
バスが東(海寄り)に進み盛土式の高速道路を潜ると一転して
「何これ!、ここも同じ日本なん?」っと思う程、信じられない光景が目に飛び込んで来ました。

道路下に落ちているタンクローリー
P1010033.jpg

田んぼに取り残された車
P1010035.jpg

積み重なる車
P1010031.jpg

元が何だか解らないような瓦礫の散乱した駐車場?
P1010027.jpg

折れて鉄筋がむき出しになったコンクリート製の電柱
P1010020.jpg

住宅も流され防風林の松林も流され以前は見えなかった海が
見える様になってしまった海方向
P1010018.jpg

どれもこれも目を覆いたくなる様な悲惨な状況でした。


この日の泥かき作業は物流倉庫でした。
ここには約7mの津波が押し寄せ入口のシャッターはひしゃげ、内部は泥と砂や松の木などが厚く積もり
又、倉庫なので配送前の靴やピザの箱や沢山の配送待ちの品物が濡れて散乱し、
正直、「これを、数時間で片付けられるのかな?」って感じました。

しかし皆さん”指示待ちボランティア”で無く積極的に体を動かし考えて作業を進めた結果
時間内に作業が終了し、とってもきれいになりました。


往路の車内で簡単に自己紹介をしたのですが
どの方も「何か自分で出来るお手伝いをしたい!、でも、どの様にしたら良いのか解らない。」
その様な時に桐生タイムスさんの記事を見たので居たたまれず申し込んだ方ばかりな様でした。

そんな中に桐生の樹徳高校の生徒さんが5~6人いたのですが
ある先生が今回のこのボランティアに参加する旨を授業中?にかに発した所
数名の生徒さんが自発的に「俺も参加します!」って申し出てくれたそうです。


帰りの車内は数時間ですが泥だらけで汗を流した同志の 「 き ず な 」が産まれた様な雰囲気で
夜9時ちょっと前に帰桐しました。

メディアで見聞きする情報より実際に自分の目で見て自分の鼻で感じた現地の様子は
物資の支援も大切です。また、お金での支援も大切です。
でももっと大切で現地で欲しているのは人間の力、人手なんだ!って思いました。


今回の限られた時間内に行われた作業は震災被害の中では米袋の中の米1粒位の作業だったかも知れません。
それでも現地ではこの様な状況下では人手を欲してしている様です。
また行ける機会が有ったら参加したいと思います。


今回のボラに申し込む前はアルビとの練習試合観戦に行きたかったのですが
実際に震災被害の現地に行ってみたら
今回の体験の方がとっても貴重で何倍も有意義な一日を過ごせた様に感じました。


最後に9日(土)のボラに参加される方へ
前述の様に現地はかなりきつい悲惨な状況です。
装備としては厚手で長めなゴム手袋(インナー用に薄い綿手袋又は軍手が手のムレを少しでも防ぐのに有効です)
や汚れても良いワークマン等で売っている使い捨て作業着。
ペットボトルに入れた飲み水(手洗い兼用)水道水、角スコップ。
等は必需品です。

装備は参考までに
http://www.rsy-nagoya.com/rsy/common/pdf/suigai-manual.pdf#search='水害 ボランティア'を。

また3日の実際の作業中の写真は忙しくそして泥だらけだったので撮れなかったので
桐生タイムスさんの記事にアップされてますのでこちらをご覧下さい。
おおっと、配達紙面では写真が入っていたのですがWebでは文字のみでした。

桐生ボランティア協議会のHPに後日アップされる様なので
作業画像は後日アップします。
作業中の画像がアップされました。     
入口付近の内部はこんな状況でした。
作業中の画像が多数アップされました。

4月8日(金)の朝日ぐんま1面で紹介されました。


        Posted by よっちゃん (糸井良広)

     
スポンサーサイト
2011-04-05(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

草津SP

Author:草津SP
初心者にも垣根を作らない事やファミリー層も積極的に参加、
ザスパ草津と言うクラブを応援することを通じてサッカーを
一緒に楽しみ、クラブゆかりの地域ボランティア、トップ、
U-23、U-18の応援などを主な目的として活動しています。

掲示板

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。